メルマガ配信CGI acmailer の送信エラーメールを返すための設定

メルマガ配信CGI acmailerは、メルマガ配信するためのライセンスフリーでも使用出来るCGIで、空メール機能等も装備したたいしたCGIである。

しかし、設置サーバーの環境によっては、多少使用が制限されたり、機能を使えなかったりするが、今回カゴヤネットのスタンダードプランのサーバーでテストした。

設置および空メールの設定に関しても問題なく設置可能であった。
詳しくは、
空メール自動会員登録システムCGI ACMAILER3.43rc の利用方法および設定方法に関してレポート

その後、問題なく配信メールも送信完了!!

しかし、送信メールアドレスの中に送信エラーの出るメールアドレスを入れておいたが、送信後、
不着メールリストにもリストアップされず、
また、不着受信用に設定したメールアドレスにも送信エラーのメールが帰ってこなかった。

カゴヤネットのサーバーの場合、通常sendmail で配信したメールで送れなかった場合、CGIなどでエラーメールの設定がない場合、
契約アカウント@kagoya.netのメールアドレスの送信エラーメールが返ってくるので、確認するとそのメールアドレスには一応そのエラーメールは返っていた。

しかし、なぜエラーメールの設定先に返ってこないのか?

調べてみると、

教えて!googoo のこのページに下記のような説明が。。。。

MTA が qmail の場合は Envelope From を指定してますが、
MTA が sendmail の場合は Envelope From の指定をしていないようです。

試しに、システム設定で、「QMAIL」のチェックを入れてみてください。
さくらインターネットはMTAとして sendmail を使用していますので、
本来はこのチェックを入れてはいけないのでしょうけど、
スクリプトを見たかぎりでは、この設定は、上述の Envelope From の指定の有無のみに使われているようです。

そこで、
QMAILの設定項目にチェックを入れて解決した。

mailer

ちゃんと設定メールアドレスにエラーメールが返ってきた。

今日は、ここまで。
後日、不着メールの管理CGIを動かす設定に関してのレポートを予定。。



«
»
 

トラックバックURL

コメント(1)

  • lucky より:

    大変参考になりました!
    おかげさまで kagoyaでの空メール⇒登録 ができました^^

    不着メールの管理CGIを動かす設定に関してのレポート も期待してお待ちしています。(できてませんのでw)

コメントを書き込む